身一つでどこへでも行ければいいなと思った。

よく晴れた暖かい日に、大きな鞄や重い上着は全部家に置いて、
なるべく身軽な格好でしばらく外を歩いてみる。

ただのお散歩だけど、いつもより身軽なだけで、とても清々しい気分になる。
鼻歌を歌いたくなる。
このままずっとどこまでも歩いていけそうな、そんな感じがする。

毎日をこんな風に、気持ちよく過ごせれば良いと思った。

小さくて、軽くて、素朴で、丈夫で、心も体も身軽なまま、どこへでも出かけられる。

そんな日々を生きるための道具を作っています。

scroll